バレエ教師、困惑?中高生が話す、謎の言葉!?

中高生のレッスンが、終わった後のことです。生徒たちが、謎の会話をしていました。アルファベット1文字だったり、3文字だったり…

まずい…ジェネレーションギャップも、ここまできたか…会話すら成り立たないのか!…と、今後のコミュニケーションに不安を感じてしまいましたが、話しが進むうちに…あれ?もしかして…?

「それって、占い?」と、聞いてみると、「性格診断です。」と、返ってきました。思わず、「私達の時代の、動物占いみたいなものね!」と言ってから、あ…分からないか…と思っていたら、高3の生徒が、「もっと、詳しいものです。」と、答えてくれたので、どうやらギリ、抵触していたようです。なんにせよ、今後もコミュニケーションが取れそうで、ほっとしました。

しかしいつの時代も、色々な占いがブームになり、去っていきますね。定着するものもありますが…ただ、生徒たちが話していたものは、性格診断ということで、占いではないようですが…質問に答えていって割り出されていくそうなので、心理テストに近いものでしょうか。

実は、バレエ作品にも恋占いが出てくる演目があります。有名なのが、「ジゼル」と「コッペリア」です。

「ジゼル」では、主役の恋人同士が、私達の将来を占いましょうと、マーガレットの花びらを、好き、嫌い…と一枚ずつむしっていき、途中で嫌いで終わることに気付き、泣き出してしまう彼女に隠れて、一枚むしり取り、数え違いだよ。ほら、好きで終わると彼が数えてみせ、彼女が元気を取り戻すシーンがあります。こう書くと、ただのイチャイチャシーンですが、1幕全体でみると、実はとても象徴的で、1幕後半の狂乱のシーンでも、悲劇性をより印象付ける役割を果たしています。

「コッペリア」では、演出により解釈が変わるのですが、共通するのは、麦の穂で恋人の不実が分かるということです。私が教わったのは、恋人の心が自分にあるなら、麦の穂を鳴らすと音がするというものです。結論から言うと、鳴らず、怒る彼女と機嫌を取ろうとする彼を中心に、各々の友人たちが男女に別れてケンカするシーンがコミカルな演技と共に踊りで表現されていて、楽しい場面です。

悲劇と喜劇。相反する2作品ですが、どちらも演劇的要素がたっぷり入った作品ですので、バレエをご覧になったことのない方には、取っつきやすい作品ではないでしょうか。踊り手側からするなら、おそらく「ジゼル」は、1度は踊りたい作品だと思います。幸せの絶頂からどん底へ…そして精霊へ…もっとも演劇性が問われる作品だからです。

機会がありましたら、観劇してみてはいかがでしょうか。

#バレエ#クラシックバレエ#バレエ教室#越谷市のバレエ教室#子どもバレエ#大人バレエ

越谷市、2日前がウソのような晴天です。

2日前の雪は、すごかったですね。皆さん、大丈夫だったでしょうか。

最初は、雨交じりの雪で、天気予報では積るなんて言っているけれど、まさか…と思っていたら、あれよあれよと積もってきて…おまけに夕方6時頃、雷まで鳴って…以前冬の金沢に、同級生のバレエの発表会を見に行かせて頂いた時、雪が降りながら雷が鳴るのを体験して、びっくりした記憶があります。日本海側では、よくあるそうですが、関東育ちにとっては、雨と雷はあっても、雪というのはなかったので、とても印象に残りました。それが、関東で経験する時がこようとは…

そして昨日の朝は、霧につつまれました。霧はこちらでは、よくある現象です。霧が出る朝は、晴れる!というのが、通例。その通り、昨日もよく晴れました。

公園で、雪だるまを作っている親子を見かけました。そう言えば先週の金曜日に、既に月曜日の雪予報が出ていたので、小さい生徒さんに、そのことを伝えたら、雪だるまを作りたいと話していたっけ。明日、どうなったか、聞いてみましょう。

中学生の生徒さんは、曰く「埼玉育ちにとっては、雪が降ること事態珍しいから、テンション上がるわけですよ。そうしたら、授業に集中しろ~と言われて、先生に窓のカーテンを閉められてしまいました。」みんな授業そっちのけで、窓の外ばかり見ていたのでしょうね。帰りはお友達と、雪合戦をしながら帰ったそうです。

大人の生徒さんには、まだあまりお話を聞けていないのですが、仕事帰り、車が渋滞に巻き込まれ、普段より帰りが遅くなったというお話はお聞きしました。テレビでは、交通機関障害のニュースがひっきりなしに流れていましたものね。

これが今年最後の積雪?いやいや。かつて、4月のドカ雪というのがありましたからね。まだ、油断は出来ません。

とは言え、ご近所では梅が咲き、日の入りが長くなりました。少し前までは夕方5時には真っ暗だったのに…それでも、寒さは変わりませんね。こちらはもう少し、時間がかかるでしょうか…皆様、お体に気を付けてお過ごし下さい。

#バレエ#バレエ教室#越谷市のバレエ教室#子どもバレエ#大人バレエ

お休みの日

2月29日(木)、3月29日(金)

5週目で、お休みです。

*3月31日(日)は5週目ですが、12月10日(日)の振替レッスンを行います。

バレエ教室、新年度、スタートです。

今日は晴れているのに寒い、越谷市です。風が強くて冷たい!朝レッスンに行く途中向かい風にあい、自転車で15秒ほど格闘しました。いい準備運動になりました。←強がり。

土曜日は、初雪だったそうですね。私は都心に出ていたので知らなかったのですが、生徒さんの話によると、夕方5時頃から降り始め…強風のせいもあって、吹雪のような状態であったとか。ですが、6時頃には止んでいたというから、あっという間の出来事だったようです。そう言うわけで、雪は積もらなかったのですが、日曜の朝、日陰などにはうっすら残っているところもあって、さらに在住マンションの自転車置場の屋根には、なんと、つららが!越谷では、めったに見れない現象です。

さて。先週から本年度のレッスンが、スタートいたしました。お正月から、地震や飛行機事故など、ショッキングな事件がおきたので、生徒さんの笑顔が見られて、ほっといたしました。今年も、それぞれの課題をクリア出来るように、楽しみながら、頑張っていきましょう!

また、色々な事情で当バレエ教室に来られない生徒さんたち。いつでも、お待ちいたしております。焦らずにゆるゆると…もう体が動かないかも…などという杞憂は不要です。出来るところから、始めましょう!

さあ。新年度、スタートです!!

#バレエ#クラシック▪バレエ#バレエ教室#越谷市のバレエ教室#子供バレエ#大人バレエ

2024年も、越谷市のバレエ教室Kスタジオを、よろしくお願いいたします。

新しい年になりましたね。去年は大変、お世話になりました。今年もよろしく、お願いいたします。皆様、いかがお過ごしでしょうか?

私は朝、バレエ教室に、植物の水やりに行ってきました。昨日の朝、越谷は雨が降ったのですが、外の軒下や室内の植物には雨が当たらないので、そちらにあげてきました。

今午後2時半現在、穏やかに晴れていますが、午前中は、ごうごうと唸りをあげる強風でした。しかしこういう天候の日は、風が雲を散らしてくれるせいか、景色が遠くまで見渡せます。バレエ教室の道路側の窓を覗くと…やはり!富士山がくっきり見えました。山の上の方には、雪が積もっています。これが夕方、日が落ちる頃になると、富士山がシルエットになって、影絵のようになるのです。どちらも、味わい深いです。

一応、写真にはおさめたのですが、小さ過ぎてわかりませんね。真ん中辺りに写っていると、心の目で見て下さい。

今年が皆様にとって、良い年でありますように。

#ばれえ#バレエ#バレエ教室#越谷市のバレエ教室#子どもバレエ#大人バレエ

バレエ教室における、12月の三大エピソード

今年ももうすぐ、おしまいですね。午後からまた曇り始めた越谷市です。

さて。まだ12月は終わっていませんが、今回は、バレエ教室における、三大エピソードをお届けしたいと思います。

その1「変形シクラメン」

去年、ブログで、ガクが変形したシクラメンをご紹介しました。今度は、お花の変形です。本来の花びらの下に、もう一つ花びらが?!明らかに変形ですが、バレエのチュチュのようで、可愛いです。他は全て、正常なのですが…勝手に「チュチュシクラメン」と名付けて、愛でております。

その2「お遊戯会、成功」

幼稚園年長の生徒さんです。お遊戯会で、センターを任されました。見せ場は、お友達とシンメトリーで行うV字バランス!V字バランスとは、片足でバランスを取りながら、もう片方の足のかかとを持ち、横に高く上げるバランス技です。

軸足がグラグラするんです!と、親御さんにご相談を受け、本番までバレエのレッスンでも練習を重ねました。(もちろん、この練習ばかり、やっていたわけではありません。)

そしてむかえた本番!結果は、見事、成功!写真を見せていただきましたが、とてもきれいに出来ていました。頑張りが実って良かった!私も、すごく嬉しいです!

その3「サクラサク」

高校3年生の生徒さんです。志望校に、合格しました。改めまして、おめでとうございます!

舞台方面に行きたいと打ち明けてもらったのが、中学1年生の時。バレリーナではありませんが、バレエも必要としたので、まずレッスン回数を増やすことを提案。そして、関連する講習会に参加するようアドバイスしたのですが、そんな中、感染症流行。それどころではない事態に…

それでもコツコツとレッスンを続け、鎮火し始めた頃から、講習会にも参加。うちのバレエ教室の発表会でも、主役を務め、そして今回、芸術系の大学に合格!夢に一歩、近づきました。

こうして、バレエを通してお手伝い出来ることが、私はとても嬉しいのです。もちろん、頑張ったのは本人たちで、私は関わったに過ぎません。それでも、関わることが出来て、一緒に喜べて、とても幸せです。

今日は、クリスマス▪イブですね。皆様、素敵なクリスマスを過ごされますように!

バレエ教室が、クリスマス仕様になりました。

昨日はあんなに晴れて暑かったのに、今日は曇り空で肌寒い越谷市です。

多少のタイムラグが出てしまいましたが、11月末に、バレエ教室をクリスマス仕様にしました。

しかし、生徒の反応は鈍い!なぜなら、使っている飾りが一緒だからです。

ですが、ですが!私としては、前回の飾り付けなど覚えていないので、使っているものは一緒でも、飾り付けは違っていると思うのです。そう主張したら、前回の飾り付けは撮ってないのかと言われ、そういえば撮ったなと思い、そこから、前回の写真と今回の飾り付けを比べて違いを探す、まるで、間違い捜しのような様相になって行きました。

「ほら~モールの種類と、飾り付けが違うじゃない!」

「先生!メリークリスマスの位置が違います!」

「先生!ベルの位置が違います!」

ほらほら。やはり、前回とは違うじゃない!

ん?いやいや。そういうことではない。私はただ、クリスマス気分を味わってもらいたかっただけだったのですが、いつの間に間違いさがしに…

皆さんはいくつ、違いを見つけられますか?

#ばれえ#バレエ#バレエ教室#越谷市のバレエ教室#子供バレエ#大人バレエ

バレエは、何歳から習い始めたらいいですか?

このところ、寒暖差の激しい、越谷市です。

今回は、「バレエは何歳から始めたら良いか?」の、質問にお答えたいと思います。

一般的には、3歳~8歳と言われていますが、園児から始めるお子さんが多いです。

しかし実は、バレエの本格的レッスンは、9、10歳から始まります。ロシアのバレエ学校の入学も、まさに、この年齢です。 それなのになぜ、その前の年齢から始めるのでしょう?

それは、 バレエに必要な音楽性や柔軟性は、小さい頃から始めた方が良いと、言われているからだと思います。

バレリーナを目指す方や、趣味でも、音楽性や柔軟性を身に付けたい!という方は、早いうちに始めることをおすすめします。

ですがこれは、あくまでも平均値です。もって生まれた体質もありますし、個々の成長度合いでも変わってきます。小さい子は、みんな柔らかい!というのは、思い込みです。固い子は、固い。

私事で恐縮ですが、私がバレエを始めたのは、あと2ヶ月で11歳になるという10歳からでした。バレエ団には、中2からバレエを始めて、ソリストになった方もいらっしゃいました。その方は、絶対、プロになる!と決めて始めたそうです。なので、遅く始めた遅れを取り戻そうと、相当練習を重ねたようです。私は前から習いたかったのですが、中々両親の許可が出なくて、やっと許可が出て、嬉しくて嬉しくて、週1回のレッスンが待ち遠しくて、習った柔軟体操やレッスンを、暇さえあれば復習していました。結果、相当数の練習をこなしたことになります。

年齢高めから始めるメリットとしては、このように、皆に追い付くんだ!上手になるんだ!と、目的と情熱をもって始めるため、短期に成長がみられることです。

デメリットは、始めるクラスが無い!ということです。普通は、お教室にはすでに決まったクラスがあって、同じ年齢の子供たちは、年数を重ね、クラスをランクアップしてきています。そこに同年齢とはいえ、初心者が入るのは、無理があります。 では、どうなるの?

ここからは、お教室によって対応が 違うと思いますので、当バレエ教室の場合を書かせていただきます。

まず、最初のうちは、下のクラスから始めてもらいます。そしてある程度、バレエの動きを把握し、意欲があるなら、上のクラスに行くことをおすすめします。または、クラス替えの直後の場合、同年齢のクラスに入っていただくこともあります。下のクラスから上がってくる生徒に合わせて、最初のうちはレッスン内容がやさしくなっているので、追い付きやすいからです。それでも初心者ですので、クラスの進み具合によっては、クラスが始まる30分前 に来てもらい、補習 を受けることで、追い付くようにしています。

それでは 、まとめましょう。

バレエを始める年齢は、一般的には、3歳~8 歳。音楽性、柔軟性を付けるには、小さい頃からはじめるのが、おすすめ。

年齢高めから始める場合、意識が高いので、成長が早い。しかし最初から、同年齢のクラスから始められるとは限らない。お教室の先生との、話し合いが必要。

そしてこれらは、あくまでも、平均値。持って生まれた体質や、体の成長の度合いによってもかわるので、人によっては、あてはまらない場合もある。

なので興味がおありなら、まずは体験レッスンを受けてみてはいかがでしょう。始めは、レベランスというおじぎから始まります。背筋をスッと伸ばしただけで、紳士淑女の気分になります。バレエは、楽しい!より多くの方に、親しんでいただけれぱ、幸いです。

#ばれえ#バレエ#バレエ教室#越谷市のバレエ教室#子供バレエ#大人バレエ

バレエ教室の看板が、新しくなりました。

このところ不安定なお天気続きでしたが、今日は快晴の越谷市です。

さて。先月、バレエ教室の看板が新しくなりました。その節は皆様、ご協力、有難うございました。日曜専科の皆様には、看板の測量を手伝って頂きました。そして、全員には聞けなかったのですが、看板の図案候補が2つありましたので、どちらが良いか、アンケートに答えて頂きました。意見が、真っ二つに分かれ、どちらの言い分もごもっとも!というものでしたので悩みましたが、看板の図案の方にいたしました。

看板を変えたのは、老朽化のためですが、1つ、気になっていることがありました。

HPを作る際、建物の写真を見た、製作者の方が、「先生。この看板、目立ちませんよ。」さらに、「立て看板は使ってないようですが、使えないんですか?こちらなら、ばっちりです。」

元々、バレエ教室の看板は、入口と柱の2つでした。立て看板は、亡き大家さんが、ご商売をされていたときに、使われていたものです。

ビルは3階建てで、バレエ教室は3階だけをお借りしているので、他の方のご迷惑になるのでは…などと思いつつ、でも、お借り出来れば、目立つよなぁとも思い、とりあえず大家さんにお伺いを立てたところ、快諾!ありがたくお借りすることにして、最初は、教室所有の2つをやめて、立て看板だけにするつもりだったのです。そうしたら、「それは勿体ない!全部、あった方がいいです。入口の看板は、ここが入口です!という案内板にしましょう!」

え~!!最初、看板が3つもあったらうっとうしいでしょう!と思ったのですが、看板の完成予想図を見せて頂いたら…あら。うっとうしくない…むしろ、3つの方が、調和が取れている。見積りも、納得のいくものでしたので、お願いすることにしました。

看板の制作をして下さったのは、コンサート印刷さんです。最初は、発表会のプログラム制作でお世話になりました。

その後、感染症で緊急事態宣言が出て、バレエ教室が閉鎖になってしまった時、家にいながら、レッスンが出来ますよと、今では一般的になったzoomを紹介、使い方の講習会を、無料で開いて下さったのです。どうしていいか分からず、呆然としていた私にとって、本当に、希望の光でした。

コンサート印刷さんしかり、教室の生徒さん、保護者の方、発表会でお世話になるスタッフの皆さん…皆さんの支えあってこその、バレエ教室です。有難うございます。いつも、感謝しております。

もっともっと、精進いたします。