おすすめ

梅雨入りしましたね。どんより天気の越谷市です。こんな時は、気持ちもどんよりしがちですが、そんな気持ちを吹き飛ばしてくれる、素晴らしい踊りに出会いました。

菅井円加さん、二山治雄さんによる、パリの炎です。

お二人とも、ローザンヌコンクール金賞受賞者で、技術には定評があります。パリの炎自体、技術の高い人が踊るという位置付けの作品です。それにしても、予想を遥かに越えて、ハイレベルな踊りなのです。

お二人の空間だけ、無重力のよう。ジャンプは高くて軽やか。回転は驚きの安定感。しかも、余裕があるから美しい!

畳み掛けるような技術の応酬に、観てるこちらのテンションもどんどん上がっていく。見終わった後、少しの興奮と、スカッとした気持ちが残りました。

また、高等科の生徒たちは、飛んだ後、空中にいる!前足、張ってる!など、日頃レッスンで言われていることの見本になったようです。

楽しむだけでも、見本としても見応えバッチリ!おすすめ動画です。

サボテン

今年も、サボテンが咲きました。

え!?越谷で、サボテン!!と、驚かれた方も多いと思います。私も初めて見た時、びっくりしました。そして、その花のきれいさに、さらにびっくり!!…今は亡き、前大家さんのサボテンです。

以前、ご紹介した通り、バレエ教室には2つの花壇があり、1つは、柿の木がある花壇。…通称柿の木の方。もう1つは、建物に沿った花壇。…通称サボテン畑。お気付きの通り、サボテン畑の花壇にサボテンが植えてあり、毎年、花を咲かせています。

さて。今は、花壇のお世話は、私がやらせて頂いていますが、元々は前大家さんが取り仕切っておりました。と、言いますのも、最初は前大家さんが1、2階でご商売をされていて、3階部分だけ貸し出されており、そこをうちがお借りしていたためです。前大家さんが、ご病気でお亡くなりになり、息子さんがビルを引き継いで下さり、全て貸部屋になったのでした。

前大家さんは、照れ屋さんで、お話しされる時いつも恥ずかしそうに微笑みながら、静かな声でお話しされる方でした。とても優しい方で、バレエ教室の生徒に対しても、何かはあってはいけない。あった時には遅いと、危険なことがないように、見守って下さっていました。

サボテンが咲くと、前大家さんの笑顔を思い出します。

DSC_0046
DSC_0045

春のミステリー

てんとう虫が、てんてんと…

なんのこっちゃと、思われたことでしょう。続きは後でお話ししますが、このフレーズだけで、ゾッとされた虫嫌いの方…この先の文章は読まず、柿の花とモッコウバラの写真をご堪能下さい。ちなみに、どちらも現在は盛りを過ぎております。掲載時期を逃してしまったので、ここに掲載いたしました。それでは、話しを続けさせて頂きます。

DSC_0041

DSC_0038

今回は、バレエ教室ではなく、私の住んでいるマンションのお話です。春に起こるミステリーです。

春になるとマンションの外廊下に、てんとう虫が、てんてんと落ちています。毎日のように、5、6匹ほど…ナナホシてんとう虫です。踏まれては可哀想なので、拾い上げては、外に放しています。しかしなぜ、てんとう虫が落ちているのでしょう。

まず考えたのは、飛んで来て、壁にぶつかって落ちた…というもの。その仮説は、壁をよじ登っているてんとう虫を見て、崩れ去りました。大体、そう何匹ものてんとう虫が壁にぶつかるのもおかしな話しだし…

次に考えたのが、冬眠から目覚めたというもの。でも、てんとう虫って、冬眠する?しかも、マンションで?

謎のまま、2年の月日が流れ…気にしているわりに、ほったらかし…ブログに書くにあたり、調べてみようと、今回、おもい腰を上げました。

結論から申しますと、冬眠でした。ナナホシてんとう虫は、住居の壁の隙間や屋根の裏側などにも、集団で冬眠するそうです。ああ。謎が解けて、スッキリしました。…だったら、2年もほっとくなよ!とのご指摘、ご最もです。…

ですが、新たな謎が…てんとう虫は、マンションのどこで、冬眠しているのでしょう?

こればかりは、探し回って不審者と間違われても困りますので、謎のままにしておこうと思います。

お休みの日

6月29日(水)

*6月30日(木)は、レッスンを行います。4月14(木)の振替です。

昨日、虹が掛かりました。

越谷市では、夕方4時30分頃から雨が降り始め、あっというまにどしゃ降りに…夕方5時から初等科(幼児クラス)のレッスンだったため、子供たちは少し、濡れてしまいました。

その後雨足が弱まり、雲の間から太陽が…その10分後でしょうか…虹が現れたのです。

実は、この事事態は珍しいことではなく、何度も経験しています。虹の掛かる場所も決まっているので、すぐ分かりますし、たいてい出る時は、二重の虹です。ただ今回驚いたのは、空の色です。いつもは、青空をバックに虹がかかります。ですが今回は、曇り空…しかも絵の具で塗ったんじゃないかってくらいの灰色の空でした。そのため、虹の色が映えて美しかったこと…しかも、完璧な半円を描いていました。半円を描くのは、なかなかないことです。

ちょうど、レッスン終了後でしたので、お迎えにいらした保護者の方や、次のクラスを受けに来た生徒たちと撮影会!しかし、私の撮影技術では、あの美しさを引き出すことは出来ませんでした。無念!

DSC_0039
DSC_0041
DSC_0040

カラフル

昨日は雨が降ったり止んだりの越谷市でしたが、夕方からのレッスンに向かう途中、本降りの雨に遭遇してしまい、びしょ濡れになってしまいました。皆さんは、大丈夫でしたか?

先日ご紹介した菖蒲が、もう、終わってしまいました。コデマリ、アシュガ、共に今が盛りです。モッコウバラの満開も、今度、ご紹介出来ると思います。

さて。我がバレエ教室の初等科(幼児クラス)では、お花と蝶々に分かれて演じるパフォーマンスを時々、やるのですが、その時に、どんな種類で、どんな色かを尋ねます。

初めての時は、大体、答えられません。その後、チューリップ、ひまわりなどが出てきて、最近は、百合やバラなどの高級なお花に進化しました。

さらに色が複雑化。最初はピンク一色だったのが、3色以上に…仕上がりの正解はさておき、お花や色の種類が増えたことは、見識が広がって、良かったなぁ。と思います。

次回は、どんな蝶々、お花が飛び出すことでしょう。楽しみです。

DSC_0036
DSC_0037

この頃、気候変動の激しい越谷市です。

春は、気候変動が激しい季節ではありますが、ここ最近は、目まぐるしい…夏日…とか、冬の気候…とか…春はどこに行ったのでしょう。

ですが、花たちは着実に、春模様になっています。

バレエ教室には、2つの花壇があります。建物に沿ったものと、自転車置場の横です。自転車置場の横には、柿の木が植えられており、今、新芽が元気に芽吹いております。その根元の菖蒲が、満開となりました。日陰の花、アシュガも、咲き誇っております。また、こでまりが咲き始め、モッコウバラも蕾を沢山付けているので、満開になるのが楽しみです。

しかし、終わりを告げる花もあります。以前ご紹介したシクラメンは、最後の蕾が咲いたので、もうじき花の季節が終わります。子供たちも、すっかり詳しくなり、この花は色が濃いから新しい花、これは薄いから、古い花…などと言って親しんでいたので残念ですが、また来年、きれいに咲いてくれることでしょう。

DSC_0035

雨女

先週の金曜日、越谷市のほとんどの小中学校が入学式、始業式でしたが、やはり桜は、散ってしまいましたね。連日の雨と風のせいでしょう。

雨というと、思い出すのが、高校時代の友人です。私を含め、4人なのですが、バレエ関係者ではありません。このうちの、友人AとBが、雨女なのです。

4人で集まる時は、常に雨。それはもう、見事なもので、朝晴れていても、集まる頃には雨になるので、4人で会う時には、天気予報が晴れと言っても、必ず傘を持参します。

なぜ友人AとBに限定されるのかと言うと、3人では雨にならないからです。但し、3人の中にAとBが入ると雨…どうやら、AとBが出会うと雨になるようなのです。

社会人になり、4人で旅行しよう!ということになり、話し合いのため、某ビルの屋上のビアガーデンで待ち合わせとなりました。Bが仕事で遅れるとのことで、3人で席を確保しました。テーブルは、屋根の無いエリアとあるエリアに分かれていましたが、私達は、無言で屋根エリアを選択。しばらくして、屋根のない席の人たちが、バタバタし始める…そこへ、雨と共に、B登場!見事だ!!

ちなみに、4人旅行も雨。しかも、この時期、こんなに降らないんだけどね~と、地元の人に言わしめたほどの雨でした。

強烈だったのが、AとBは、大学の卒業旅行で、大学の違う友人たちと、ヨーロッパフリー旅行に行ったのですが、お互いそれまで、晴れていたのに、パリに入ったところから雨…で、ある美術館を訪れたところ、見覚えのある人影が…友人AB、再会!そしてこの瞬間、二人雨女の威力は、海外でも発揮されることが証明されたのでした。

お互いに、そっちが雨女だ!と譲らないABですが、付き合わされる友人Cと私にとっては、どっちもどっちなので、さほど大きな問題ではないのですが、二人にとっては、重要な問題であるようです。

新年度

4月です。新年度です。寒いです…

このところの気候の変化の、激しさと言ったら…雪が降ったかと思いきや、夏日!そして、寒の戻り…おかげで桜が、開花してのち、満開に…越谷市の小学校は、8日入学式が多いようですが、それまで持てばよいのですが…

我がバレエ教室も、クラス替えを行いました。お友達と会えなくなるのが寂しいと言うので、発表会になったら会えるじゃない!というと、発表会、いつ?すぐ?…すぐは、ちょっと…その前に実力付けて、成長した姿を見せられるように、頑張りましょうね。

新年度は毎年、少しの切なさと、沢山の希望を運んできます。

お休みの変更

5月1日(日)、2日(月)→

5月29日(日)、30日(月)に変更します。

申し訳ありません。よろしくお願いいたします。